こんにちは片山史哉です。

今日はぼくが先日購入したSony 85mm F1.8というレンズについて話していきたいと思います。
ぼくは購入する前にいろんなYouTubeを見て検討に検討を重ねて購入したので
スペックや特徴などは既にページを見ている方はご存じかもしれませんので

・このレンズを購入した理由
・写真を撮ってみてどうか
・動画を撮る人にとってとしてどうなのか
・このレンズは買いなのか

という部分をご紹介できればと思います。

このレンズを購入した理由

普段僕は写真というより動画がメインでカメラをやっているんですけど、実はぼく、めっちゃ寄りストなんですよ。
ついつい気づくと寄りの画を撮ってることがあって。
でも寄りきれない状況ってありますよね。
そこである程度離れていても寄りの画が撮れるレンズが欲しかったってゆうのが一つの理由です。

もう一つは写真です。
最近になって写真にもかなりハマってきていて。
最近だと星空撮ったり、夜景撮ったり、滝撮ったりとかしてるんですけど
やっぱりなんだかんだ一番楽しいのってポートレートなんですねよ!

思い起こせば中学生くらいの時からバカチョンカメラとかいつも持ってて
そこにはだいたい友達とか人が写ってたな~って思いますし
デジカメが発売されてからも財布、携帯、デジカメはいつも持ち歩いていて、よく友達を撮っていたのをすごく思い出すんですけど
一眼レフカメラ持ってるからにはみんなに喜ばれるようなポートレートを撮りたいって思った時に
この距離感で撮影できる85mmというレンズに注目したのがきっかけでした。

作例【写真】

はい、それではまずは先日撮影してきた写真からご覧いただきましょう。
こんな感じの写真を撮ってきたんですけどどうですか?

背景がかなり圧縮されてすごく綺麗に人物が写っている印象です。

これなんかいいですよね。逆光でこれくらいの被写体の収まりだとすごく幻想的に撮れると思います。

このレンズ気になる方は気になるかもしれないんですけど、中央からずれるところの玉ボケがレモン型になってしまうんですね。
細かなイルミネーションとかだとまだいいかもなんですけど、割と大きめの玉ボケはけっこう違和感かもしれません。

作例【動画】

85mmf1.8ONLYVideoというのをあげています。

これ雨の日でどうしても85mmだけで動画撮りたくて傘さしながらジンバルもって神社を歩いてたんですよ。

動画用のレンズとしてどうなのかというところですが、今回モデルさんがいなかったのでわかりずらいかもしれませんけど
鯉とかアヒルとか撮ってるんですけど、この焦点距離だとある程度離れていても被写体をしっかり捕らえながら
なおかつ前ボケを作りやすいという点が動画用レンズとして最もいい点だなと思いました!

いままで16mmとか30mmとかで撮影していたのでなかなか前ボケ作りたくてもカメラと被写体の間に何も入れられないこととか、けっこうあったんですね。
でもこのレンズだとばっちり前ボケいれられますし、その点は本当に便利だなと思いました。

軽量コンパクト

そして何と言ってもレンズの大きさですね。
重さが公式サイトで確認したところ371gですよ!
371gでこの感じすごくないですか!

これにフードとかNDフィルターとか付いたとしても400g前後でいけちゃうんですよ。
なので、今回ぼくが使っているジンバルMOZA AirCross2に載せても楽々いけちゃうわけですよ。

Vlogとかでよく使うSigmaの16mmf1.4とか405gなんでそれよりも軽いんでホントに持ち運びにもいいし、カメラとのバランスもすごくいいです!

このレンズは買いなのか

もうお分かりかとおもいますが、この商品買いかどうかと言われたら

絶対買いです!

一家に一台くらいの気持ちでおススメできる商品です。

しかもこのスペックでお値段がSonyの公式サイト59000円くらいで、中古市場でもかなり状態がいいもので50000円切ってくるというコスパの良さです。
これは、是非皆さんにも体感してもらいたいですね!

 

みなさんもおススメレンズがありましたらこちらから是非教えてください。